個人情報について TOPページへ サイトマップ











 循環器の検査ってどんな検査があるの?




 心臓カテーテル検査
 ・末梢血管造影
 ・冠動脈CT検査
 ・心臓超音波検査
 ・TMT・マスターW
 ・その他の循環器検査
 ・心臓ドック
 ・人間ドック

   
   



心臓カテーテル検査ってなあに?


足の付け根の血管や、手首(橈骨動脈)肘の血管から、径1mmから2mmほどのカ
テーテルと呼ばれている細い管(くだ)を進めて、心臓内の圧や血液の酸素濃度を測
定したり、造影剤をしようして心臓の血液状態や形、心室・心房と弁の動きを調べた
りする検査方法です。


○冠動脈造影検査
カテーテルの先端を冠状動脈の入り口まで進め、造影剤を使用して、心臓を養ってい
る冠動脈(かんどうみゃく)という血管に狭いところ(狭窄)や詰まっているところ
(閉塞)がないか調べます。


○左心室造影検査
左心室は、心臓から全身の血管に血液を送るポンプの役割をしている所です。その左
心室の大きさ、動きの評価を行います。


○右心系のカテーテル検査
静脈から挿入したカテーテルを、右心房から右心室を経て肺動脈まで進め、臓器内の
圧を測定すると、右心機能と左心機能を調べることができます。心不全の診断や、治
療の方法、治療効果の測定ができます。さらに心臓内の血液中の酸素量を調べること
によって、先天性の心臓病の判定や重症度を診断することができ、手術の適否の判断
にもなります。


○心臓電気生理学的検査(EPS/Electrophysiological Study)
不整脈の診断には、まず心電図検査を行います。心電図で不整脈の疑いがあった場合
に、より詳しい情報を得るために行う検査がEPSです。

EPSでは、心臓のどの箇所が不整脈の原因になっているか?
どんなお薬が効果があるか?
アブレーションを行う場合にどこを治療すべきか?
を調べます。




その他にはどんな造影検査(大動脈および末梢血管検査)があるの?


心臓以外の部位でもカテーテルを用いて、いろんな血管(下記参照)を評価します。

○大動脈造影
動脈が大きくなる動脈瘤の評価や血管が内側からさける解離性大動脈瘤の評価などを
行います。


○下肢動脈造影
ASO(閉塞性動脈硬化症)とは、血管の動脈硬化により、血管が狭くなったり、血管
が詰まることで、血液の流れが悪くなり、足先へ栄養や酸素を十分に送り届けること
ができなくなる病気で、その評価を行います。


○シャント造影
人工透析を行う場合、十分な血液量を得る必要があり,そのために動脈と静脈を体内
または体外で直接つなぎ合わせたシャントというものが必要になります。 そのシャン
ト血管に狭い部位や詰まっている部位がないかの評価を行います。





冠動脈CT検査ってなぁに?


○何を調べる検査?
冠動脈CTとは、心臓を養っている冠動脈と呼ばれる血管に、狭いところ、ふさがっているところがないかを調べる検査です。

心臓は、血液を送り出すポンプの働きをしており、その血液は体中に酸素や栄養を運んでいます。また心臓も、働くために酸素や栄養が必要で、冠動脈といわれる血管で養われ動いています。その冠動脈が、狭くなったり、詰まったりすることが原因で、狭心症や心筋梗塞になります。



○どんな風に検査するの?
腕の血管(静脈)より、80cc前後の造影剤を注入しながら、CT装置で撮影します。約15秒前後の息止めで撮影は終了です。

CT装置で血管を鮮明に調べるためには、造影剤が必要です。
また、検査は、心拍数や息止めがとても重要になります。



○検査でかかる時間は?
検査は、15〜20分程度で終わります。

検査の説明や息止めの練習、また心臓の位置確認のための撮影をしたり、造影剤の注射の準備をしたりします。実際に撮影している時間は、15秒前後です。
   


※患者さんの心拍数や造影剤を注入する血管の状態によって、多少の検査時間に違いがあります。

※不整脈が多い、造影剤のアレルギーがある、心拍数が非常に高い場合検査が出来なかったり良い画像が得られないことがあります。



○冠動脈CTパンフレットPDFファイル
  おもて(A4サイズ)   うら(A4サイズ)


心臓超音波検査


心臓は、左右の心室、左右の心房 合わせて4つの部屋と逆流を防ぐための4つの弁からなるポンプです。
心臓超音波検査(心エコー)では、心臓の大きさ、動き、心筋や弁の状態、血流などを観察し、ポンプが正常に働いているかどうかを判断します。また、心臓病の診断だけでなく、治療方法の選択、治療効果の判定、手術時期の決定などにも役に立ちます。

超音波検査は、探触子(プローブ)という器具をあてて観察します。痛みはほとんどありません。また、繰り返し検査をしても身体に影響はありません。検査時間は30分程度です。
※鮮明に診断するために、体位変換や息をとめていただくこともあります。

心臓超音波検査は、おもに以下のようなときに行う検査です。
 ・心電図異常
 ・心雑音がある場合
 ・胸部X線写真異常
 ・胸痛・動悸・手足のむくみ・息苦しいなどの自覚症状
 ・血液疾患の治療前
 ・心筋梗塞や弁の異常などの経過観察




TMT(トレッドミルテスト)・マスターW(マスター2階段負荷検査)


○TMT(トレッドミルテスト)
「坂道を登る」、「急ぎ足で歩く」といった、日常生活の中で現れる胸の痛み・動悸・息切れなどの症状を再現し、そのときのそのときの心電図変化と血圧変化をみて、運動中の心臓の状態を調べる検査です。
※心臓が悪くなると、安静では症状が出なくても運動などで心臓に負担がかかると不整脈や心筋虚血が起きることで心電図に変化が現れます。

トレッドミル検査は、ベルトコンベアの上を歩いて、徐々にスピードを上げながら、心臓に負荷をかけて心電図、血圧の変化をみる検査です。検査は胸の痛みや息切れ等の症状を確認しながら行います。検査時間は30分程度です。


○マスターダブル(マスター2階段負荷検査)
マスター2階段負荷検査は、安静時では認められない不整脈や狭心症・心筋梗塞などの心疾患を、小さな2階段を上り下りして心臓に負荷を与え、心電図の変化を記録する検査です。検査時間は15分程度です。




その他の循環器検査


○経食道心臓超音波検査
 経食道心臓超音波検査は、心臓のすぐ後ろにある食道から観察する検査です。
 通常の心臓超音波検査では見えにくい場所や、より詳細な観察が必要な場合に行います。
 胃カメラのような直径1p程度の管(プローブ)を飲み込んで検査をしてもらうため、前処置として、ゼリー状のお薬で喉の奥の局所麻酔をします。検査時間は30分程度です。検査の4時間前からは食事はとれません。検査終了後は、喉の麻酔がとれる1時間程度は飲食をする事はできません。


○末梢血管(上肢・下肢)超音波検査
 手足の動脈や静脈の病変を探触子(プローブ)という器具をあてて探す検査です。血管が狭くなったり(狭窄)、詰まったり(閉塞)していないか等を診ていきます。検査時間は30分から50分程度です。


○頚部血管超音波検査
頚動脈は全身の動脈硬化を反映すると言われています。頚動脈を超音波で観察することで動脈硬化(プラークの大きさ、狭いところがないかどうか)を評価していきます。検査時間は30分程度です。


○安静時心電図検査
 心電図(標準12誘導)は、心臓から発生する微弱な電気信号を、機械を通して増幅させ記録するもので、波形の異常(心臓肥大、心筋梗塞など)や脈の乱れ(不整脈)を調べます。波形の記録は1分程度ですが、不整脈の疑いがある場合には数分間の記録をとることをもあります。


○24時間心電図
 日常生活での心電図を長時間(24時間)にわたり記録し、普段の生活の中で心電図がどのように変化するか、症状(胸痛・動悸・めまいなど)があったときに心電図がどのようになっているかを調べる検査です。機械の装着に10分程度かかります。装着すると入浴はできません。


○サーモグラフィー検査
 皮膚の表面温度を測定する検査です。写真撮影と同様に測定し、体表面の温度差を色の違いで表示します。検査時間は20〜30分程度です。
撮影部位によって、洋服、靴下は脱いでもらう場合があります。検査による痛みはありません。



   


心臓ドックのご案内







人間ドックのご案内


 ● 検査内容


○検査内容


@身体測定  身長 ・ 体重 ・ BMI  ・ 肥満度 ・ 体脂肪率




A血液  血液一般 ・ 血液型 ・(肝・腎・膵)機能・ 脂質 ・ 血清学 ・ 血糖




B尿一般  比重 ・ 蛋白 ・ 糖 ・ ビリルビン ・ ウロビリノーゲン ・ 潜血 ・ 沈査




C呼吸器系  胸部レントゲン撮影 ・ 肺機能検査




D循環器系  血圧 ・ 心電図(負荷) ・ 心胸比 ・ 心雑音




E消化器系  上部消化管内視鏡検査 ・ 便検査




F腹部臓器全般  超音波検査 (肝臓 ・ 胆のう ・ 膵臓 ・ 脾臓 ・ 腎臓 ・ 膀胱 等)




G眼科系  視力検査





○検査の流れ

※当日の検査予約状況または検査内容により、検査の順序が多少異なる場合があります。



 受付

 身体測定

 採血・採尿

 心電図(正規・負荷) / 肺機能検査

 胸部レントゲン撮影

 腹部全般超音波検査

 上部消化管内視鏡検査

 診察および結果説明(後日)


 検査料金


日帰りドック料金
32,400円 (税込)
 【時間】8:30〜15:00頃(胃カメラの検査時間により変更があります。) 
※胃内視鏡検査で生検がある場合、追加料金が出ます。
 選択(オプション)検査内容および料金


※下記の検査は、ご自身の健康状態に応じて選択することができます。

●CT検査(頭部)
11,000円 (税込)

●CT検査(胸部)
11,000円 (税込)

●CT検査(腹部)
11,000円 (税込)

●心臓超音波検査
 9,500円 (税込)

●24時間心電図
16,000円 (税込)






○検査の申し込み方法

※予約制になっておりますので、直接病院の窓口で申し込まれるかまたは、
 電話でお申し込みください。



○電話 098-877-0575

○ファックス 098-879-3415

  申込受付時間/午前8時30分〜午後5時30分
  (木・土曜日は午後1時まで、日曜日・祝祭日は休診)




○その他・注意事項

 来院時間(午前8時30分)

・指定の時間においで下さい。

・できるだけ乳幼児の同伴はご遠慮下さい。

 持ってきていただくもの

・便を持ってきてください。

・保険証をご持参ください。

・服用中のお薬を持ってきてください。

 検査前に申し出ていただくこと

・現在、何らかの理由で服用治療中の方は、申し出てください。

 検査結果について

・後日、担当医師より診察及び結果説明、健康管理上の生活指導を行います。

・日時は、全検査終了後に、お知らせします。

 食事に関するご注意

・検査前日は、消化のよい食事を取ってください。

・夜10時以降は何も食べないで下さい。

・検査当日の朝食は、取らずに来院してください。(厳守)

  ※朝食を取ると、検査ができませんのでご注意ください。

  ※タバコ、お茶、コーヒー、水、ガムなど、一切口にしないで下さい。

 検査当日の昼食について

・全検査終了後に、当院にてご用意しております。