個人情報について TOPページへ サイトマップ




  腫瘍循環器外来開設

                               2019年6月1日


 日本人の最も多い死因はがんです。また、2番目の原因は循環器疾患で
す。近年、がんの治療が飛躍的に進歩し、多くの新しい抗がん薬が使用され
るようになりました。しかし、実は抗がん薬には、循環器機能に対する副作
用があるものも多くあります。このため、抗がん薬による循環器系の合併症
が増えてきました。さらに、がん治療の進歩により、がんの予後は改善した
ものの、がん治療前後の循環器疾患が問題になってきています。

 これまでがんと循環器病はまったく別の分野と考えられてきました。しか
し、現在はがん治療医と循環器診療医の連携が重要になり、日本では2010
年に国内初の腫瘍循環器科が設立されました。その後も各地で腫瘍循環器外
来が開設されていますが、2019年5月時点、沖縄には腫瘍循環器外来を行
っている病院はありません。当院では、2019年6月1日より、がんを考慮
した循環器治療を行う腫瘍循環器外来を開始しました。がん診療の経験があ
り、がん治療認定医でもある循環器医師が診察を担当します。

 がん治療によりこれまでなかった心機能障害が発生した方、現在がん治療
中の方、これからがん治療を行う方などで、循環器系疾患についてお悩みの
方は、お気軽にお問い合わせください。


循環器内科医師 親川 拓也



腫瘍循環器外来の対象となる疾患

  • がん治療前の循環器系の評価
  • 抗がん薬などによる心機能障害(心筋症、心筋炎など)
  • がん治療に関連する虚血性心疾患、高血圧、不整脈、静脈血栓塞栓症
    など
  • がん性心膜炎(心タンポナーデ)
  • がん患者さんの循環器疾患(がん治療を考慮した循環器診療を行いま
    す)

  など。その他気になる症状はご相談ください。


腫瘍循環器外来の診察日

 月曜日 午後(受付時間 13時00分〜17時00分)
 水曜日 午前(受付時間  8時30分〜12時00分)

 ※担当医師の出張等により診察できない場合があります。
  来院前に電話でお問い合わせください。(098-877-0575)


受診方法

個人の方 直接病院へ電話して腫瘍循環器外来を希望の旨お伝えください
施設から紹介 地域連携室までお問い合わせください

牧港中央病院電話番号:098-877-0575