個人情報について TOPページへ サイトマップ








下肢静脈瘤の症状


下肢静脈瘤は、比較的よくある病気といえます。

 足がはれる
 足がだるい
 足がつる
 血管が浮き出ている
 治りにくい皮膚炎
 足の色がおかしい

などの症状の陰に下肢静脈瘤が隠れています。

原因は下肢の静脈の逆流です。


本来、静脈は心臓に血液を返す血管で、下肢の場合は、重力に逆らって、

心臓まで血液を返しています。

しかしながら、静脈瘤の患者さまは、様々な原因で、静脈の働きが弱くなり、

足の方に血液が逆流しています。



下肢静脈瘤の治療


下肢静脈瘤の治療は、

 専用ストッキング
 硬化療法(注射)
 手術
  ・カテーテルアブレーション(カテーテル治療)
  ・静脈抜去術(ストリッピング)

などがあります。気軽にご相談ください。




下肢静脈瘤の写真





典型的な静脈瘤 静脈瘤に伴う腫脹


静脈瘤に伴う皮膚炎 静脈瘤に伴う潰瘍